VBA講座:「リストボックスの値をセルに転記するには」のプロシージャの詳細




たった1秒で仕事が片づく Excel自動化の教科書

『たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書』(技術評論社)にて、
紙面の都合で書けなかった詳細をこちらで解説します。




■「リストボックスの値をセルに転記するには」のプロシージャの詳細

■「リストボックスの値をセルに転記するには」のプロシージャの詳細


 .Cells(i, 6) = Me.lst都道府県.List(Me.lst都道府県.ListIndex, 0)

 .Cells(i, 7) = Me.lst都道府県.List(Me.lst都道府県.ListIndex, 1)

上記のコード意味は、
選択されているリストの都道府県コードをCells(i, 6)に入れる
選択されているリストの都道府県名をCells(i, 7)に入れる
このように読むことが出来ます。

選択されているリストを取得すためには、


 Me.lst都道府県.List(選択されているインデックス, 列番号)

このように、選択されているインデックスと列番号を指定します。


 Me.lst都道府県.ListIndex

これは、選択されているリストのインデックス(0始まる順番)になります。
列番号も0から始まります。



『たった1秒で仕事が片づく Excel自動化の教科書』執筆陣が自ら直接指導。
実務直結・一日集中・受講後無期限サポート付きのマクロVBAセミナー



記事一覧に戻る



  • Excel学習法診断
  • 100の極意マスター講座
  • おすすめショートカット一覧・壁紙ダウンロード
  • オリジナルExcelグッズ
  • Twitter:吉田 拳@Excelすごい改善社長
  • Excelで業務効率化を実現!
  • Excelで業務効率化を実現!
  • 約1万人の業務効率を劇的に改善!Excel速技BEST100
  • 資金繰り予報士 こがねむしクラブ