VBA講座:「WorksheetFunction」を付けるものと付けないもの




たった1秒で仕事が片づく Excel自動化の教科書

『たった1秒で仕事が片づくExcel自動化の教科書』(技術評論社)にて、
紙面の都合で書けなかった詳細をこちらで解説します。




■「WorksheetFunction」を付けるものと付けないもの

明確な基準を説明するのは難しいのですが、
大まかに言うとLeft,Mid,Rightのような文字列操作関数、
Dateserial,Year,Month,Dayなどのような日付関数はWorksheetFunctionはつけません。

 

一方、数値集計のSum,Counta,Sumif,CountIfなどはWorksheetFunctionを付けます。
またVlookupやMatchなどの関数もつけます。

 

確認方法としては、WorksheetFunctionと入力後にピリオドを押すと、
WorksheetFunctionをつけなければいけない関数候補リストが出てきます。
ここに出てくるものはWorksheetFunctionが必要だし、ここに出てこないLeft関数などはつけなくてもよい、
ということになります。



『たった1秒で仕事が片づく Excel自動化の教科書』執筆陣が自ら直接指導。
実務直結・一日集中・受講後無期限サポート付きのマクロVBAセミナー



記事一覧に戻る



  • Excel学習法診断
  • 100の極意マスター講座
  • Excelショートカットマスター
  • おすすめショートカット一覧・壁紙ダウンロード
  • オリジナルExcelグッズ
  • Twitter:吉田 拳@Excelすごい改善社長
  • Excelで業務効率化を実現!
  • Excelで業務効率化を実現!
  • 約1万人の業務効率を劇的に改善!Excel速技BEST100
  • 資金繰り予報士 こがねむしクラブ