Excelの効率化がわかる記事一覧


「~なら」とか「~だったら」と表現される処理は全部IF関数

「~なら」とか「~だったら」と表現される処理は全部IF関数

 

こんにちは。

すごい改善の吉田です。

 

「この会員種別列の列がAなら割引率を5%、そうでなければ10%にしたいんですが」

「この列が空白だったらここに未入力って出せます?」

 

このように、Excelでやりたいことの説明に「~なら」とか「~だったら」といった表現が含まれる場合、

そんな時に使うのはほぼ100%「IF関数」というものです。

 

IFとは「もし」という意味ですよね。

たとえば次の関数。

 

=IF(A2=”A”,B2*5%,B2*10%)

 

これは

 

「もしA2セルの値がAなら、B2セルの値に5%を掛ける。そうでないなら、B2セルの値に10%を掛ける」

 

と言う処理だと日本語訳できます。

 

このように、条件によって処理をことを「条件分岐」なんて言いますが、

その条件分岐を行うための関数がIF関数なのです。

 

IF関数は3つの引数で構成されます。

 

=IF(論理式,真の場合,偽の場合)

 

…これではよく分からないですよね。

まず「論理式」とは何か。これは何かを判定するための式だと覚えてください。

そして、この論理式を書くのに使われる記号を「比較演算子」といい、次の6種類があります。

 

=

左辺と右辺が等しい

左辺が右辺より大きい

右辺が左辺より大きい

>=

左辺が右辺以上

<=

右辺が左辺以上

<> 

左辺と右辺が等しくない

 

ようは、演算子の右辺と左辺を比べるものですから、比較演算子というわけですね。

 

そして論理式はその答えとして「TRUE」(真)か「FALSE」(偽)のいずれかの答えを出します。

式の言ってることが正しければTRUE、間違っていればFALSEという答えを式の結果として出してくれます。

 

たとえば

 

=A1>100

 

という論理式。この答えは、A1セルにたとえば200が入力されていれば「TRUE」になりますし、

A1セルにたとえば50が入力されていたらFALSEになるということです。

 

そしてIF関数というのは、第一引数にこの論理式を書くことになっており、

その論理式の結果がTRUEならば第二引数に指定した処理を実行、

FALSEならば第三引数の処理を実行する…

という、状況に応じて柔軟な対応ができる関数なのです。

 

この記事ではかんたんな説明にとどめましたが、

弊社のExcelセミナーや書籍ではこの関数を最も重要な基本と位置付け

丁寧に説明しているほど大事な関数です。

 

Excelでやりたいことの説明に「~なら」とか「~だったら」といった表現が含まれる場合、

そんな時に使うのはほぼ100%「IF関数」…まずはこの基本にしっかりと慣れて頂ければと思います。

 

【生涯無期限サポート付き】 Excel/VBAセミナー残席情報

  • 【おすすめ】オンライン版利用(動画視聴期限:無期限/会場開催にも参加できます)
  • 【残席5】2024年2月23日(祝)13:00-18:00 東京会場 たった1日で即戦力になるExcelマスター講座
  • 【残席10】2024年3月10日(日)10:00-17:00 東京会場 面倒なExcel作業を自動化するマクロVBAマスター講座
  • 【残席10】2024年3月16日(土)13:00-18:00 東京会場 たった1日で即戦力になるExcelマスター講座
  • 【残席10】2024年3月23日(土)13:00-18:00 東京会場 たった1日で即戦力になるExcelマスター講座
  • 【残席10】2024年3月30日(土)13:00-18:00 東京会場 たった1日で即戦力になるExcelマスター講座
  • 『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』執筆陣が自ら直接指導。
    実務直結・一日集中・受講後無期限サポート付きのExcelセミナー

法人向けExcelオンライン研修

利用人数無制限・個別サポート付きのExcelオンライン研修です。

すごい改善のExcelセミナー

1日完結・実務直結・無期限サポートつきのExcelセミナー開催中

累計40万部突破のExcel教科書

Excel関数Tシャツ等のご購入はこちら