Excel解説記事


【マクロVBA】フォルダを100個作らなければならなくなったら


数が増えると面倒になる作業の一つに「フォルダの作成」があります。
新規フォルダを作成して名前をつける。
結構厄介です。

しかしこの作業も、 フォルダに付ける名前に規則性があれば 簡単にマクロで瞬殺できます。

例えば、ワークシートのA列の2行目から取引先名の一覧が入力されているとします。
この一覧にある名称のフォルダを全部作りたいというケースでは、次の数行のマクロを書いてしまえば
何個でも一瞬で作成することができてしまいます。

Sub フォルダ作成()
  Dim i As Long
  For i = 2 To Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
    MkDir ThisWorkbook.Path & "\" & Cells(i, 1)
  Next i
End Sub

このマクロを実行すると、このマクロを持っているエクセルファイルと同じパス(保存場所)に、A列にある取引先別のフォルダが一瞬で作れてしまいます。

単純に「No1」から「No100」まで100個作りたければ次の数行を書ければOKです。

sub フォルダ作成()
  Dim i As Long
  For i = 1 To 100
    MkDir ThisWorkbook.Path & "\No" & i
  Next i
End Sub

手作業で頑張ろうとするスタッフと、数行のマクロで瞬殺できるスタッフ。

できないよりは、できたほうがいいはずです。
できないことの言い訳を言ってる暇も余裕もないはずです。



『たった1秒で仕事が片づく Excel自動化の教科書』執筆陣が自ら直接指導。
実務直結・一日集中・受講後無期限サポート付きのマクロVBAセミナー




  • Excel学習法診断
  • 100の極意マスター講座
  • Excelショートカットマスター
  • おすすめショートカット一覧・壁紙ダウンロード
  • オリジナルExcelグッズ
  • Twitter:吉田 拳@Excelすごい改善社長
  • Excelで業務効率化を実現!
  • Excelで業務効率化を実現!
  • 約1万人の業務効率を劇的に改善!Excel速技BEST100
  • 資金繰り予報士 こがねむしクラブ