Excel解説記事


SEARCH関数~セル内である文字が何文字目にあるかを調べる


エクセルセミナー:SEARCH関数~セル内である文字が何文字目にあるかを調べる

FIND関数とよく似ています、というかほとんど同じ機能の関数です。

セル内において、ある文字が何文字目にあるかを調べる関数です。

=SEARCH(" ",A1)

で、A1セルにおいて半角スペースが何文字目にあるかを調べます。

なんでそんな数を調べる必要があるのか、という素朴な疑問についてはFIND関数のページをご覧ください。

FIND関数との違いは、指定する文字について英字の大文字・小文字を区別するかどうかです。

FIND関数は、大文字と小文字を区別しますが、SEARCH関数は区別しません。

また、SEARCH関数では検索文字にワイルドカードである[*](アスタリスク)を使うことができます。

~~~

■SEARCH関数

セル内において、ある文字が何文字目にあるかを調べる(大文字・小文字の区別なし)

=SEARCH(検索文字列,対象,[開始位置])

第一引数:セル内で探したい文字

第二引数:第一引数で指定した文字を探したいセル

第三引数:何文字目以降で探すかを指定。省略した場合は「1」となり、つまり1文字目から探す。

【関連記事】
FIND関数
FIND関数~セル内である文字が何文字目にあるかを調べる



独学でやってきた方、体系的に学びたい方、もっと効率的に使いたい方へ…
過去10年間毎週開催・400回以上の開催で3700名以上が参加したExcelセミナーです。
実務直結・超実践型・一日完結・生涯無期限アフターサポートがついてます。




  • Excel学習法診断
  • 100の極意マスター講座
  • Excelショートカットマスター
  • おすすめショートカット一覧・壁紙ダウンロード
  • オリジナルExcelグッズ
  • Twitter:吉田 拳@Excelすごい改善社長
  • Excelで業務効率化を実現!
  • Excelで業務効率化を実現!
  • 約1万人の業務効率を劇的に改善!Excel速技BEST100
  • 資金繰り予報士 こがねむしクラブ