Excel解説記事



INT関数~小数点以下削除する関数


数値の小数点以下を削除するにはINT関数を使います。

 

「インティジャー関数」と言います。

=INT(数値)

A1セルに3、B1セルに2を入力したとき、3÷2の答えをC1セルに出すには次のように式を入れればいいですね。

=A1/B1

 

すると、このセルには「1.5」が返されます。

ではこの「1.5」の小数点以下削除したい場合はどうすればいいでしょうか。

ここでINT関数を使います。

=INT(A1/B1)

すると、このセルには小数点以下が削除されて「1」が返されます。

指定した数値が正の数の場合、その数値からただ小数点以下が削除された形の数値が返されますが、負の数を指定した場合、例えば「-5.3」を指定した場合…数式としては次の通りですが、 =INT(-5.3) この式が入力されたセルには、「-6」が返されます。

「?」となりますよね。

これは、この関数の考え方が、「指定した数値を超えない整数を返す」ということによるものなのです。



『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』執筆陣が自ら直接指導。
実務直結・一日集中・受講後無期限サポート付きのExcelセミナー




  • Excel学習法診断
  • 100の極意マスター講座
  • Twitter:吉田 拳@Excelすごい改善社長
  • Excelで業務効率化を実現!
  • Excelで業務効率化を実現!
  • 約1万人の業務効率を劇的に改善!Excel速技BEST100
  • 資金繰り予報士 こがねむしクラブ