Excel解説記事


HLOOKUP関数


■ HLOOKUP関数(えいちるっくあっぷ)
(Excel for Microsoft 365,Excel for Microsoft 365 for Mac,Excel for the web,Excel 2019,Excel 2019 for Mac,Excel 2016,Excel 2016 for Mac,Excel 2013,Excel for Mac 2011,Excel Starter 2010,Excel 2010,Excel 2007)

【用途】
これは言葉で説明するのが非常に難しい…。強いて言うなら、

VLOOKUP関数は検索範囲を下に向かって検索するが、HLOOKUP関数は横(右側)に向かって検索する
表のデータが右に向かって増えていくような場合はHLOOKUP関数を使う

用途はVLOOKUP関数と同じように、例えば…
・ある商品番号に該当する商品名や価格などを出す
・ある社員社員番号に該当する社員名や部署名などを出す
・ある顧客番号に該当する顧客名や住所などを出す
など

【書式】
=HLOOKUP(検索値,マスタ範囲,マスタ範囲の上から何行目のセルを参照するかの指定,参照の型)

【用例】
=HLOOKUP(A2,Master!2:4,2,0)

A2セルの値をMasterシートの2行目から4行目の一番上の行(2行目ですね)の左から探し、見つかったらそのセルから2行目(3行目)のセルの値を出す

【関連記事】
Vlookup関数




…独学でやってきた方、体系的に学びたい方、もっと効率的に使いたい方へ






  • Excel学習法診断
  • 100の極意マスター講座
  • おすすめショートカット一覧・壁紙ダウンロード
  • Twitter:吉田 拳@Excelすごい改善社長
  • Excelで業務効率化を実現!
  • Excelで業務効率化を実現!
  • 約1万人の業務効率を劇的に改善!Excel速技BEST100
  • 資金繰り予報士 こがねむしクラブ