Excel解説記事


CHAR関数


■ CHAR関数(きゃらくたー)
(Excel for Microsoft 365,Excel for Microsoft 365 for Mac,Excel for the web,Excel 2019,Excel 2019 for Mac,Excel 2016,Excel 2016 for Mac,Excel 2013,Excel for Mac 2011,Excel Starter 2010,Excel 2010,Excel 2007)

【用途】
パソコンで入力できる文字にはそれに対応した数字があり、それを文字コードと言います。
たとえば、小文字のaの文字コードは97です。
その文字コードに該当するする文字を返すのがCHAR関数です。

逆に、各文字のコードを調べることができるのがCODE関数です。

【書式】
=CHAR(文字コード)

【用例】
=CHAR(97)
→ a を返します

【関連記事】
CODE関数
是非知っておきたいアルファベットの連続入力




…独学でやってきた方、体系的に学びたい方、もっと効率的に使いたい方へ






  • Excel学習法診断
  • 100の極意マスター講座
  • おすすめショートカット一覧・壁紙ダウンロード
  • Twitter:吉田 拳@Excelすごい改善社長
  • Excelで業務効率化を実現!
  • Excelで業務効率化を実現!
  • 約1万人の業務効率を劇的に改善!Excel速技BEST100
  • 資金繰り予報士 こがねむしクラブ