Excel解説記事


ADRESS関数 ~ 指定した行数、列数のセルのアドレスを返す


■ ADDRESS関数(あどれす)
(Excel for Microsoft 365,Excel for Microsoft 365 for Mac,Excel for the web,Excel 2019,Excel 2019 for Mac,Excel 2016,Excel 2016 for Mac,Excel 2013,Excel for Mac 2011,Excel Starter 2010,Excel 2010,Excel 2007)

【用途】
行番号と列番号を指定して、ワークシート内のセルのアドレスを返す

【書式】
=ADDRESS(行番号,列番号,参照の種類,参照形式,シート名)
※参照の種類 1または省略:絶対参照 例:$A$1
       2:行は絶対参照、列は相対参照 例:A$1
       3:行は相対参照、列は絶対参照 例:$A1
       4:相対参照 例:A1
※参照形式:TRUEまたは省略 A1形式で返す
     :FALSE R1C1形式で返す
※シート名:別ブックやシートを指定する場合に使用(省略可)

【用例】
=INDIRECT(ADDRESS(D1,D2))
D1セルに"1"、D2セルに"2"と入力されている時、B2セルの値を返す
※=ADRESS(D1,D2)は$B$1を返す

【関連記事】
是非知っておきたいアルファベットの連続入力




独学でやってきた方、体系的に学びたい方、もっと効率的に使いたい方へ…
過去10年間毎週開催・400回以上の開催で3700名以上が参加したExcelセミナーです。
実務直結・超実践型・一日完結・生涯無期限アフターサポートがついてます。






  • Excel学習法診断
  • 100の極意マスター講座
  • Excelショートカットマスター
  • おすすめショートカット一覧・壁紙ダウンロード
  • オリジナルExcelグッズ
  • Twitter:吉田 拳@Excelすごい改善社長
  • Excelで業務効率化を実現!
  • Excelで業務効率化を実現!
  • 約1万人の業務効率を劇的に改善!Excel速技BEST100
  • 資金繰り予報士 こがねむしクラブ