Excel解説記事


6大必須関数(5) COUNTIF関数~条件に一致するセルが何個あるかを求める関数


例えば、

図Aのような表から「担当者ごとの売上件数を集計したい」場合、

H2セルには以下の式が入ります。

=COUNTIF(B:B,G2)

図A

このように、条件に一致するセルが何個あるかを求める時に使うのが、「COUNTIF関数」です。

【書式】

=COUNTIF(範囲,検索条件)

・第一引数:数える範囲
・第二引数:第一引数で指定した範囲で数える条件

指定した範囲(第一引数)の中で、第二引数に指定した値、もしくわ第二引数に指定した条件に合致するセルの個数を数えます。

先ほどの

=COUNTIF(B:B,G2)

この式は、以下の処理を行っています。

・個数を数えたいのはB列
・B列において、セルの値がG2セルと同じセルが何個あるかを数える

そしてこの式をH3からH6までコピーすると担当者ごとの売上件数が求められます。


【関連記事】
COUNTIF関数




…独学でやってきた方、体系的に学びたい方、もっと効率的に使いたい方へ






  • Excel学習法診断
  • 100の極意マスター講座
  • おすすめショートカット一覧・壁紙ダウンロード
  • Twitter:吉田 拳@Excelすごい改善社長
  • Excelで業務効率化を実現!
  • Excelで業務効率化を実現!
  • 約1万人の業務効率を劇的に改善!Excel速技BEST100
  • 資金繰り予報士 こがねむしクラブ