Excel解説記事



CONCATENATE関数~文字列を結合する


たとえば、A1セルとB1セルの値を結合するには、一番シンプルなのは&記号を使うことです。

=A1&B1

こう入力したセルには、A1セルとB1セルの値を結合した状態で表示されます。

しかしこれが、たくさんのセルを結合したい場合は&記号をいちいち入力するのは大変です。

たとえばA1セルからE1セルまでをつなげたい場合は、

=A1&B1&C1&D1&E1

…というように、セルをクリックしてはキーボードから&記号を入力…という非常に面倒な作業になります。

こんな時に作業をラクにしてくれるのがCONCATENATE関数です。

=CONCATENATE(

まで入力したら、あとは左手でCtrlキーを押しながらつなげたいセルをクリックしていくと、

=CONCATENATE(A1,B1,C1,D1,E1)

というようにカンマで区切って入力していくことができ、大変な効率化になります。

足し算をするSUM関数や掛け算をするPRODUCT関数でも同じようなことができますので、このCtrlキーを押しながらセルクリック、というテクニックは是非知っておかなければなりません。



『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』執筆陣が自ら直接指導。
実務直結・一日集中・受講後無期限サポート付きのExcelセミナー




  • Excel学習法診断
  • 100の極意マスター講座
  • Twitter:吉田 拳@Excelすごい改善社長
  • Excelで業務効率化を実現!
  • Excelで業務効率化を実現!
  • 約1万人の業務効率を劇的に改善!Excel速技BEST100
  • 資金繰り予報士 こがねむしクラブ