たった1日で即戦力になるExcelの教科書

明確な基準を説明するのは難しいのですが、大まかに言うとLeft,Mid,Rightのような文字列操作関数、Dateserial,Year,Month,Dayなどのような日付関数はWorksheetFunctionはつけません。

 

一方、数値集計のSum,Counta,Sumif,CountIfなどはWorksheetFunctionを付けます。またVlookupやMatchなどの関数もつけます。

 

確認方法としては、WorksheetFunctionと入力後にピリオドを押すと、WorksheetFunctionをつけなければいけない関数候補リストが出てきます。ここに出てくるものはWorksheetFunctionが必要だし、ここに出てこないLeft関数などはつけなくてもよい、ということになります。