たった1日で即戦力になるExcelの教科書

エクセル解説記事

エクセルセミナー【マクロVBA】フォルダを100個作らなければならなくなったら

Excelセミナー【マクロVBA】フォルダを100個作らなければならなくなったら

 

こんにちは。

すごい改善の吉田です。


数が増えると面倒になる作業の一つに「フォルダの作成」があります。新規フォルダを作成して名前をつける。結構厄介です。


しかしこの作業も、フォルダに付ける名前に規則性があれば簡単にマクロで瞬殺できます。


例えば、ワークシートのA列の2行目から取引先名の一覧が入力されているとします。この一覧にある名称のフォルダを全部作りたいというケースでは、次の数行のマクロを書いてしまえば何個でも一瞬で作成することができてしまいます。


Sub フォルダ作成()
  Dim i As Long
  For i = 2 To Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row
    MkDir ThisWorkbook.Path & “\” & Cells(i, 1)
  Next i
End Sub


このマクロを実行すると、このマクロを持っているエクセルファイルと同じパス(保存場所)に、A列にある取引先別のフォルダが一瞬で作れてしまいます。


単純に「No1」から「No100」まで100個作りたければ次の数行を書ければOKです。


Sub フォルダ作成()
  Dim i As Long
  For i = 1 To 100
    MkDir ThisWorkbook.Path & “\No” & i
  Next i
End Sub

 

手作業で頑張ろうとするスタッフと、数行のマクロで瞬殺できるスタッフ。


できないよりは、できたほうがいいはずです。できないことの言い訳を言ってる暇も余裕もないはずです。