たった1日で即戦力になるExcelの教科書

エクセル解説記事

エクセルセミナー:LEFT関数~セルの左から指定した文字数だけ取り出す

エクセルのLEFT関数は、指定したセルの左から、指定した文字数だけ取り出す関数です。

 

たとえば

 

151-0051

 

という郵便番号がA1セルに入力されているとき、ハイフンの手前、つまり先頭の3文字だけを取り出したい場合。

 

任意のセルに次のように入力します。

 

=LEFT(A1,3)

 

この式が入力されたセルには「151」と、郵便番号の先頭の3文字だけが抽出されます。

 

この関数の日本語訳は「A1セルの左から3文字取り出せ」…まあそのまんまなんですが、このように使える関数です。

 

RIGHT関数MID関数と合わせてセットで知っておきたい関数です。

 

~~~

■LEFT関数

=LEFT(文字列,文字数)

第一引数:抽出元となるセルを指定する

第二引数:抽出元のセル内文字列の左から取り出したい文字数を指定する

~~~

 

『たった1日で即戦力になるExcelの教科書』執筆陣が自ら直接指導。

実務直結・一日集中・受講後無期限サポート付きのExcelセミナー

・Excelを仕事で使いこなす100の極意マスター講座」