たった1日で即戦力になるExcelの教科書

エクセル解説記事

エクセルセミナー:INT関数~小数点以下削除する関数

Excelセミナー:INT関数~小数点以下削除する関数

 

こんにちは。

すごい改善の吉田です。

 

数値の小数点以下を削除するにはINT関数を使います。

 

「インティジャー関数」と言います。

 

=INT(数値)

 

A1セルに3、B1セルに2を入力したとき、3÷2の答えをC1セルに出すには次のように式を入れればいいですね。

 

=A1/B1

 

すると、このセルには「1.5」が返されます。

 

ではこの「1.5」の小数点以下削除したい場合はどうすればいいでしょうか。

 

ここでINT関数を使います。

 

=INT(A1/B1)

 

すると、このセルには小数点以下が削除されて「1」が返されます。

 

指定した数値が正の数の場合、その数値からただ小数点以下が削除された形の数値が返されますが、負の数を指定した場合、例えば「-5.3」を指定した場合…数式としては次の通りですが、 =INT(-5.3) この式が入力されたセルには、「-6」が返されます。

 

「?」となりますよね。

 

これは、この関数の考え方が、「指定した数値を超えない整数を返す」ということによるものなのです。

 

【警告】エクセルの資格(MOS)を取っても仕事の役には立ちません!

■実務直結・エクセルを仕事で使いこなす100の極意マスター講座

…独学でやってきた方、体系的に学びたい方、もっと効率的に使いたい方へ、「日本一のエクセルセミナー」でその方法教えます