たった1日で即戦力になるExcelの教科書

エクセル解説記事

エクセルセミナー:ファイルの保存形式について

Excelセミナー:エクセルファイルの保存形式について

 

こんにちは。

すごい改善の吉田です。


エクセル2007以降においては、オプション→保存と進んだところにある「ブックの保存」での設定でファイルの保存形式を「Excel97-2003ブック(*.xls)」にしておくことを強くおすすめします。


こうしておくと、新規ブックを作った際に自動的に.xls形式でのブックになります。


デフォルトでは「Excelブック(*.xlsx)」になっていますが、このままにしておくことの弊害は以下の通り。


・国内の事業場の5割以上はまだエクセル2003を使っています。そのPCでは.xlsx形式のファイルを開くことができません。わざわざ.xls形式に保存し直す手間、また保存し直し忘れた際に発生するムダ…放置しておいていい理由はありません。


・.xlsx形式ではマクロを保存しておくことができません。この形式でマクロを一生懸命作成した後、保存しようとすると


「次の機能はマクロなしのブックには保存できません。
・VBプロジェクト
これらの機能が含まれるファイルを保存する場合は[いいえ]をクリックし、[ファイルの種類]ボックスでマクロ有効ファイルの種類を選択してください。マクロなしのブックとして保存する場合する場合は[はい]をクリックしてください。」


…というメッセージが出ます。これ、一読してサラっと理解できますか?ここでうっかり[はい]をクリックしてしまうと…


一生懸命作ったマクロはすべて消えてしまいます。


さらに、これ読むとうっかり[はい]をクリックしてしまいそうになるものです。よく読めばいいというものではありません。そのリスクを残しておく理由や意義がありますか?ということです。


.xlsxでなければいけない理由というのはさほど多くありません。65536行以上のデータを扱う場合や、エクセル2010以降でスパークラインを使いたい場合などに限られます。


でなければ、今すぐに画像通りの設定に変更しましょう。自動保存も1分間隔に設定しておいてください。

悪いことは言いませんから。数多くの現場コンサル経験からの答えです。

 

エクセルマスター養成講座byすごい改善~Excel研修セミナー・勉強・学習・仕事効率化と業務改善の総合ヘルプサポート

 

【警告】エクセルの資格(MOS)を取っても仕事の役には立ちません!

■実務直結・エクセルを仕事で使いこなす100の極意マスター講座

…独学でやってきた方、体系的に学びたい方、もっと効率的に使いたい方へ、「日本一のエクセルセミナー」でその方法教えます