たった1日で即戦力になるExcelの教科書

エクセル解説記事

エクセルセミナー:是非知っておきたいアルファベットの連続入力

●是非知っておきたいアルファベットの連続入力

 

こんにちは。

すごい改善の吉田です。


意外ですがエクセルのオートフィルではアルファベットの連続入力はできません。


では連続入力したい場合はどうするか。


AからZまででいいのであれば、CHAR関数とROW関数の合わせ技で入力できます。


図のA1セルには次の式が入っています。


=CHAR(ROW()+64)


CHAR関数は引数に指定した文字コード番号に対応する文字を返します。

 

「A」の文字コードは「65」です。「B」の文字コードは「66」です。「C」の文字コードは「67」です。

 

つまり、Aから順にアルファベットを打ちたければ、CHAR関数の引数に65から始まる連番が入った状態の連続データができればいいわけです。


この図では1行目からスタートしていますので、入力されたセルの行数を返すROW()に64を足して、スタートが65になるように調整します。


これで下方向にドラッグコピーすればAからZまでは連続入力できます。


次に覚えておきたいのが、Zの次はAA、AB、AC…と続かせる連続入力の方法です。


B1セルに次の式を入れています。


=SUBSTITUTE(ADDRESS(1,ROW(),2),”$1″,””)


SUBSTITUTE関数は第一引数の文字列において、第二引数で指定した文字列を第三引数で指定した文字列に置換する関数。

 

ADDRESS関数は指定した行、列、参照方法でのセル番地表記を返す関数。

 

ちょっと難しいですが、これなら下方向に、Zの次はAA、AB…と続く連続データが作れます。


これを右方向に引っ張る場合はこうします。C1セルには次の式が入っています。


=SUBSTITUTE(ADDRESS(1,COLUMN()-2,2),”$1″,””)


場合によっては使うことはないテクニックかもしれませんが、このテクニックでとんでもない業務効率化を実現している事例も多数ありますので、マスターする必要はありませんが「こんなことができる」というレベルででも知っておいて損はないテクニックだと思います。

 

【警告】エクセルの資格(MOS)を取っても仕事の役には立ちません!

■実務直結・エクセルを仕事で使いこなす100の極意マスター講座

…独学でやってきた方、体系的に学びたい方、もっと効率的に使いたい方へ、「日本一のエクセルセミナー」でその方法教えます



エクセルマスター養成講座byすごい改善~Excel研修セミナー・勉強・学習・仕事効率化と業務改善の総合ヘルプサポート